流星群

しぶんぎ座流星群2019は何時頃から見える?ピークの時間帯や方角も

2019年年明けとともに三大流星群のひとつである「しぶんぎ座流星群」が楽しめる時期がやってきます。毎年見ようと思っているけどいつも見逃してしまった人や2019年こそは初めて見てみようと思っている人は注目して下さい。

今回はしぶんぎ座流星群の見頃時期や極大時間などの情報を紹介していきます。そして、どの方角を見れば流星群が楽しめるのかと言った情報をお知らせしていきます。

またせっかくなのでしぶんぎ座流星群とは、どのような物なのかというウンチクも語っていきますね。

しぶんぎ座流星群とは

 

View this post on Instagram

 

Shibata hideakiさん(@photoglapha_hidehide0011)がシェアした投稿


そもそもしぶんぎ座流星群って聞いた事ありますか。意外と知らない人が多いのでまず始めはしぶんぎ座流星群について紹介していきましょう。

実は、このしぶんぎ座流星群は、ペルセウス流星群、ふたご座流星群と並ぶ3大流星群の一つに数えられているのです。そして、うしかい座とりゅう座の境付近を放射点として出現する流星群なのです。通常流星群の名前は星座の名前が付けられる事が多いのにしぶんぎ座流星群という名前はちょっと不思議ですよね。

実は名前の由来は1928年に国際天文学連合によって廃止されるまでは設定されていた、しぶんぎ座(四分儀座)という星座が存在していた事からこの流星群はこう呼べれています。

しぶんぎ流星群は、その年によって流星の出現数にムラがあり、非常にたくさん見える時もあれば非常に少ない年もあるようです。平均すると1時間に20個~50個ほどとなっています。

特徴としては、明るい火球が観測される事も多いとのことで夜空をパッと明るくするくらいの流れ星が観られる時もあるのです。2019年は是非たくさん見えて夜空が明るくなるような流星を期待したいですよね。

そして、しぶんぎ座流星群の母彗星についても確認しておきたいと思います。これは確定ではありませんが、専門家の間ではマックホルツ第一周期彗星やヘール・ホップ彗星が候補としては有力と言われています。ちょっとした豆知識として知っておくと仲間に自慢できるかも知れませんね。








いつ頃から見える?

しぶんぎ座流星群の見える時期は例年年が明けてすぐの1月4日あたりとなっています。毎年お正月シーズンに出現するので新年の幕開けにふさわしい縁起物として楽しまれる方も多いようです。例年1月3日ごろから段々と活動が活発になってくると言われているのですが、その活動が活発になる時間は非常に短く数時間程度と言われています。

そのため、その活動時間が昼間に当たってしまう年などは残念ながらあまり見ることが出来ない年もあるようです。

気になる2019年の日本における観測条件はどのようななっているでしょうか。天体観測の重要な条件である月の条件は、この時期は新月前の月となっていて夜明け前に細い月が昇る程度となっているのでいい条件と言えます。

一番の見頃時期は1月3~4日となっていますが、流星群の出現については1月1日~7日くらいまでは観測できるはずですので気長に観測してみて下さいね。








ピークの時間帯や方角も

続いては、しぶんぎ座流星群の2019年のピーク時間についてです。今年の極大にあたるピーク時間は1月4日11時ごろとなっています。よって日付が4日変わってからだんだんと流星が増えていき、ピークに向けては夜が明けてしまう状況となってしまいそうです。ちょっと残念な周期になっていますね。

そして、しぶんぎ座流星群の見える方角については、流星の出現位置という事においてはどの方角でも構わないというのが見解です。なお、放射点の近くの流星は短く、離れば離れるほど長く流星がみられとのことです。

なお、じぶんぎ座流星群の見頃時間は明方となりますので、服装には十分に注意してください。はっきり言って真冬なのでとっても寒いです。間違いなく防寒具、マフラー、手袋、帽子は必須ですよ。








まとめ

ペルセウス流星群、ふたご座流星群と並ぶ3大流星群の一つに数えられるしぶんぎ座流星群は、21019年も年明けとともに始まります。活動期間は1月1日から始まり7日くらいまで継続して続きます。

なお、活動最大期である極大期は1月3日の明方から4日かけてとなりますので一番の見頃時期に観測したいという方はその時を逃さないようにして下さいね。

運が良ければ1時間に100個近い流星が観れる年もあるので2019年はどうなのか楽しみですね。見える方向については、基本的にはどの方向にも見えますが、月明かりの影響を少なくする為には東の空を見たほうが良さそうですよ。

お勧めの場所は空が大きく開けて寝そべりながら見られる場所で、街明かりの影響を受けないような大きな公園などがベストです。自宅の近くにもよく探せば意外といい場所がいくつかあるはずなので事前にチェックしておいて下さいね。

 

世界に一つだけ、星の贈り物 オーストラリアの天文台公認!