流星群

しぶんぎ座流星群2019の見つけ方!ツイッターやYouTubeにある?リアルタイムで知る方法

2019年の正月こそは、しぶんぎ座流星群を観察しようと思っている方、観察する時のポイントはチェック済みですか。流星群には、それぞれ特徴があるのでそこを抑えておかないとせっかくのチャンスでも見逃してしまいますよ。

そこで、今回はしぶんぎ座流星群の見つけ方やリアルタイム情報を知るための方法をツイッターやYouTubeでチェックする方法などを調査してみました。

今年こそは新年最初の流星群をしっかりと眺めて一年の幸運を願いましょう。

しぶんぎ座流星群はどこ?

最初は、しぶんぎ座流星群を見るための基本情報からお伝えしていきます。しぶんぎ座流星群は、ペルセウス流星群、ふたご座流星群と並ぶ三大流星群の一つに数えられる規模の大きな流星群です。

観測できる期間は、毎年正月シーズンの1月1日ごろから7日ごろにかけて夜空に出現します。天体観測好きな人だけでなく新年の幕開けにふさわしい縁起物という意味もあって人気の高い流星群なのです。

なお、極大時間をふくむピークの活動時間は例年短く2019年の極大時間は14日の11時頃と推測されています。よってしぶんぎ座流星群を最も楽しめる時間は1月4日に日にちが変更したあたりから明方までの数時間となります。

そして、しぶんぎ座流星群はどの方向に見えるのかというと、うしかい座とりゅう座の境付近を放射点として出現する流星群となります。とは言っても流星群は空のあちこちで見られ、放射点の近くの流星は短く、そして放射点から遠い流星は長く見られます。

そして、しぶんぎ座流星群の放射点が高くなれば高い位置にあるほど見やすい状況になる為2019年のおいては1月4日の午前3時ごろが最も観察に適した時間と言えそうです。

空を見上げる時の方角としては、どの方向でも流星群を見ることは可能なのですが、月の明るさで見えにくくなってしまう傾向があるのでどちらかと言えば月明かりの影響を受けにくい東の空を中心に見ることをお勧めしますよ。








ツイッターやYouTubeにある?

しぶんぎ座流星群の情報は、ツイッターやYouTubeでも各種色々と収集が可能です。しぶんぎ座流星群で検索すると多数の情報が確認できるので確認してみて下さいね。

中でも役に立つのが、自分の住んでるエリアの人からの発信です。その人が住んでいるエリアでのしぶんぎ座流星群がどれくらい観察できそうかといった情報をしっかりツイートしてくれています。

また、しぶんぎ座流星群の観察時期が近づいてくると期間中の天気情報などもチェックできますので非常に便利ですよ。色々チェックしてお気に入りの発信者を見つけてフォローしておくと最新情報や思わぬ独自情報も入手できたりしますよ。

そして、YouTubeでの情報としても観察期日が近づいてくると特集のような番組も増えてきます。昨年までの情報などもたくさん掲載されているので調べてみると参考になりますよ。

特にしぶんぎ座流星群を今年初めてみると言う人は、どのようにしぶんぎ座流星群が流れるのか映像を見ておくと、実際に観察する時の見つけ方のポイントなどがわかり非常にいいと思います。








しぶんぎ座流星群をリアルタイムで知る方法!

そして、最後はしぶんぎ座流星群の状況をリアルタイムで知る方法です。お勧めの情報ソースを紹介していきますね。

そして、このリアルタイムの流星情報は、寒い夜中に外でじっと待っていられないと言う人にもお勧めで暖かい部屋の中でネット環境があればどこでもいつでも見る事が出来るのでチェックして下さいね。

まず、お勧めなのは「SOLIVEスターしぶんぎ座流星群」です。

全国6地点と中国にカメラを設置ししぶんぎ座流星群の状況をライブで中継してくれます。この番組はYouTubeでも見れるし、ニコニコ生放送でも見ることができるのでチェックしてみて下さいね。

そして、嬉しいのはウェザーニュースLIVEでの流星群動画配信で、スマホから流星キャチャーというものを登録しておくと流星が流れた瞬間ほぼタイムリーに自分のスマホに動画が届くというサービスも展開中です。

もちろん、これらのライブ配信を使って実際見に行った場所の近くに車を止めて、その中でスマホでチェックし流星群が出現したというリアルタイム情報が入ったら外にでて見るというのもお勧めですよ。








まとめ

2019年こそはしぶんぎ座流星群を見ようと思っている人たちのために、しぶんぎ座流星群がどこに現れるのか、そして、色々な情報はツイッターやYouTubeなどで見つけることができるのか。

そして、リアルタイムで流星群を見ることが出来る物にはどのようなものがあるのかという事をチェックしてみました。

しぶんぎ座流星群を見るためには、決まった方向は無く空全体でよく見えます。

ただし月光の影響を最小限にするためには東の空がお勧めとのことです。

そして、実際に見ながらつぶやいている人たちのツイッター情報をうまく使って最高に良く見える環境を手に入れましょう。

そして、寒空の下でじっと我慢しながら流星を待つのはちょっとという人は、リアルタイムで流星群の状況を映してくれる便利なチャンネルがネット上にあるので最大限に活用して下さいね。

今年の冬は絶対に流星キャッチャーを登録する事を忘れないようにして下さいね。

世界に一つだけ、星の贈り物 オーストラリアの天文台公認!

こちらも読まれています!