潮干狩り

潮干狩り2019北陸でおすすめの場所はここ!道具や服装は?

北陸潮干狩り

潮干狩りの時期が2019年ももう少しでやってきますね。特にゴールデンウィークの頃が風物詩として全国的に有名ですよね。潮が引いた浜辺で家族みんなでわいわいと熊手で砂の中に潜っている貝を掘り当てるのはとても楽しいものです。

そこで、今回はそんな潮干狩りの中でも変わった潮干狩りが楽しめる北陸での人気スポットを紹介していきます。お勧めの道具や服装なども合わせて紹介していきますので初めてという人は参考にして下さいね。

千里浜海水浴場

 

View this post on Instagram

 

花咲金香さん(@kanakahanasaki)がシェアした投稿

北陸の潮干狩りスポットと言えば有名なのが千里浜海水浴場です。この千里浜海水浴場は、「日本の渚百選」にも選出されている遠浅の砂浜で海岸線をドライブ出来ることでも有名なエリアでもあるのです。

この千里浜の潮干狩りの特徴としては潮の干満の差が少なく、あまり潮が引きませんので海に入って膝まで使って貝を採る姿から、地元では貝拾いとも呼ばれています。このスタイルは太平洋側とは大きく違い別名羽咋スタイルとも呼ばれています。

営業としては一年を通して採れるのですが、少し暖かくなるこの時期がやはりお勧めです。

採れる貝の種類としてはアサリやハマグリでなんと天然ものが採れるので人気があるのです。そして、基本的に入漁料などは取られませんので無料で潮干狩りが楽しめるスポットなのです。

なお、ルールが決まっているのでそれは最低限守るようにして下さいね。そのルールは体長3cm以下のアサリやハマグリは採捕禁止となっているので、そのサイズのものは海に返すようにして下さい。そして、無料だからと言って大量に採捕した場合には漁業権に抵触することがありますので節度を持って楽しむようにして下さい。

千里浜海岸へのアクセスは電車の場合にはJR羽咋駅から徒歩5分、車の場合には里山海道千里浜インターチェンジからすぐとなっています。海岸に駐車することが可能となっていますので非常に便利な場所となっています。








千里浜なぎさドライブウェイ

 

View this post on Instagram

 

Hideyuki Yamaguchiさん(@kumano731)がシェアした投稿

千里浜海岸には砂浜を車で走ることが出来る道路があり、それが千里浜なぎさドライブウェイと呼ばれています。その全長はなんと8kmにもおよび日本でも唯一ここだけとなっています。きっと世界的にも珍しいスポットなんだと思います。

車については、砂浜なのに4WDでなくても問題なく走行できるので安心して下さいね。もちろんタイヤもノーマルタイヤで問題なしですよ。

天気のいい日は青空の元、打ち寄せる波打ち際をまるで映画のワンシーンのように自分の車が走っている姿は感動しますよ。絶対に記念写真を撮り忘れないようにして下さいね。

この千里浜なぎさドライブウェイを走るのに特にお勧めの時間帯は、夕日が沈む時と早朝の朝もやの時間です。特に早朝は人も少なく神秘的な景色を独り占めできると思いますよ。








北陸の潮干狩りにおすすめの道具や服装は?

北陸の潮干狩りに初めて行く人のためにお勧めの道具や服装を紹介していきますので参考にして下さいね。

北陸の潮干狩りにおすすめの道具

北陸の千里浜で潮干狩りをする場合に必要な道具は太平洋側などの潮干狩りでよく見かける熊手などは必要ありません。

そして、長靴も要らず、必要なのは軍手と採った貝を入れる容器くらいです。これなら手ぶらで行っても出来そうですよね。

北陸の潮干狩りにおすすめの服装は?

普通潮干狩りに行く時の服装は一般的には長靴が必須です。しかし、北陸の千里浜での潮干狩りをする場合には、長靴はいりません。その理由は砂浜で貝を採るのでは無く、羽咋スタイルという膝くらいまで素足で海に入って貝を採るからです。

海に入って足に当たるハマグリやアサリを探していくので短パンがお勧めの服装となります。そして、上着は日焼け防止のため濡れてもいい長袖のTシャツなどがいいと思いますよ。

そして、貝で怪我などをしないように軍手を着ければ準備はバッチリです。あとは獲物の貝を入れられる容器を持って海に入るだけです。








まとめ

北陸での潮干狩りと言えば誰もが答える場所として千里浜海水浴場が有名です。ここは遠浅の砂浜で太平洋側の潮干狩りとは違って海の中に入って貝を採ります。

そのため、別名羽咋スタイルと呼ばれ、潮干狩りに必要な長靴や熊手は必要無く、素足で入って足で貝を見つけるのです。これだけで天然のハマグリやアサリが採れるので人気スポットになっているのです。

そして、近くには千里浜なぎさドライブウェイという砂浜の波打ち際を車で走ることの出来る道路があり、ここに行くならば是非車で行って体感して下さいね。日本でもこの砂浜でしか楽しむことができないので感動しますよ。