海水浴場

田牛海岸海水浴場2018年海開きはいつ?基本情報やアクセス情報・車と電車で行く場合

田牛海岸2018海開きはいつ?アクセス情報も

田牛と書いて「とうじ」と読む伊豆下田の最南端に位置する田牛海岸海水浴場は水質の非常に高い綺麗な海と長さ410mの砂浜が迎えてくれる知る人ぞ知るビーチなのです。

ただし、一回行くとその魅力に何度も足を運んでいる常連の方も多いようですよ。

その魅力の中でも田牛海岸海水浴場を代表するスポットは龍宮洞窟で駐車場の横から海の方へ降りて行くと透き通った海を湛えた砂浜に行き着きます。

砂浜まで気をつけて降りて行くと太陽の光が降りそそぐ神秘的な景観に思わず見とれてしまい、とても感動しますよ。
この景色が何度でも足を運びたくなる要因の一つなのですね。

2018年の海開きはいつからいつまで?

さて、この魅力ある景観を備えた田牛海岸海水浴場の海開きはどうなっているのか見ていきましょう。

田牛海岸海水浴場の2018年の海開き7月14日(土)に始まり、終わりは8月31日(金)までとなっています。そして、遊泳時間は8時半から16時までとなっています。

この期間が遊泳期間となっていますのでシュノーケリングなどを楽しむことをお勧めします。

田牛海岸海水浴場の水は本当に透明度が高く、そして、色とりどりの熱帯魚に出会う事ができるスポットなのです。
更に運が良ければ大物とも出会う事もでき、優雅に泳ぐエイなどにも遭遇できるかも知れませんよ。

シュノーケリングアイテムなどもビーチの側でレンタルする事も可能なので是非試してみて下さいね。

佐藤 建次さん(@kenji_sato_)がシェアした投稿

又、龍宮洞窟やもう一つの魅力スポットであるサンドスキーなどは、期間に関係無く一年中訪れる事もできるので、わざと空いているシーズンオフを狙っていくというのも賢い選択かも知れませんよ。

田牛海岸海水浴場の基本情報

田牛海岸海水浴場は近くに龍宮洞窟サンドスキーなどがあり、とても1日では楽しみきれないビーチというのが本音です。

その点、田牛海岸海水浴場の周りには非常にたくさんの民宿もあるので宿泊して楽しむというのがお勧めのスタイルかも知れませんね。

駐車場については、ビーチ横に120台止められるスペースが確保されていて1日1,500円で止められるようになっています。

車で行かれる場合は、土日は駐車場が早い時間にいっぱいになってしまう事もあるようなのでなるべく早めの到着を心がけるようにしてください。

そして、ビーチには残念ながら飲食できる売店や海の家と言ったものなどの設置は無いので食べ物や飲み物は事前に準備していく事が必要です。

その点も民宿に宿泊していくと便利かも知れませんね。民宿の多くは歩いて海に行けるところにあるのでとっても便利ですよ。

トイレは少ないですが一応設置されていますが、シャワーや更衣室などは残念ながらありません

このような若干不便で地味なところもあり、それほど大混雑するという事が無いのが田牛海岸海水浴場の嬉しい所ですよね。








海水浴場へのアクセスも!

田牛海岸海水浴場へのアクセス方法も気になる所ですよね。

田牛海岸海水浴場は伊豆半島の最南端に位置していて、下田近辺の海岸では1番奥となるので実はアクセスはちょっと不便と言ってもいいのです。
そのおかげで混雑度が低いビーチとなっているのです。

公共交通機関を使って田牛海岸海水浴場に向かう場合には、伊豆急行で最寄り駅の下田駅を目指します。

都内から約2時間40分程海沿いの景色を眺めながらのアクセスとなります。
そして、伊豆急下田駅からは、タクシーかバスを利用することなりタクシーで約15分バスの場合は2番乗り場から田牛行きに乗って前の浜バス停までおおよそ18分で到着します。
ただしバスの本数が非常に少ないので必ず時間を確認して行くようにして下さいね。

で向かう場合は、東側の海岸沿いの135号を走るルートと中伊豆の414号を走るルートがありますが、混雑を少しでも避けたければ中伊豆ルートを走るのが正解です。
田牛海岸海水浴場の入り口はちょっとわかりづらいので気をつけて下さいね。

下田市街から国道136号を西に向かって行く田牛入り口という看板が信号機にみつけられると思います。
目印はそれしか無い為見逃さず必ず、そこ左折するようにして下さい。
そこからは2分ほどで吉佐美大浜海水浴場の駐車場が出てきます。

ここは渋滞しているのでうまく避けて行って下さいね。そこを抜ければ田牛海岸海水浴場に到着です。

お問い合わせ:下田市観光協会 Tel.0558-22-1531

公式ホームページはこちら

まとめ

田牛海岸海水浴場は、伊豆下田の最南端にあり、交通の便があまり良くなくて、おまけにビーチの設備もトイレ以外は更衣室もシャワーも無いという不便というか今時珍しい質素なビーチです。

だからこそ豊かな自然がそのまま残っていて行く度に感動を与えてくれます。

田牛海岸海水浴場に行くには準備がポイントクーラーボックスにしっかりと飲食物を入れて、温水シャワーキットや更衣室代わりの簡易テントなどを持って行けばとても快適に過ごせます。

また田牛海岸海水浴場は砂浜ではなく、ごろた石が多いのでキャンピングチェアーなどを持参するといいかも知れませんよ。