花火

長岡まつり大花火大会2019年の日程と打ち上げ場所はどこ?時間と打ち上げ本数も!

花火大会長岡

長岡まつりは、74年前の81日に長岡を襲った大空襲、その一年後の昭和2181日に長岡復興祭として開催されたのが始まりです。そして、毎年空襲で亡くなられた人の慰霊や復興に尽力された先人への感謝と共に恒久平和への願いを込めてお祭りおよび花火大会が開催されています。

2019年についても81日にお祭りが開催され、同時に日本三大花火大会の一つに数えられる長岡まつり大花火大会も開催されます。そこで、気になる長岡まつり大花火大会の詳しい開催日程や打ち上げ場所、打ち上げ時間や本数などの情報もチェックしてみましょう。

花火大会2019年の日程は?

 

View this post on Instagram

 

shunさん(@shungraph)がシェアした投稿

長岡まつり大花火大会2019年の開催日程は81日、2日、3日に開催されます。81日は大空襲で亡くなられた人の慰霊や恒久平和を願い平和祭が行われます。そして、2日、3日は大花火大会が開催される予定です。

長岡まつり大花火大会のスケールは圧倒的で打ち上げられる花火もとにかく豊富です。一番の見所と言われているのが直径650mもの大輪となる正三尺玉の打ち上げです。そして、定番のナイアガラや音楽付きスターマイン、米百俵花火・尺玉100連発なども見逃せません。更に特徴的なのがフェニックスでなんと全長2kmにも及ぶのです。天地人花火は音楽とシンクロしたストーリー性のある花火で例年人気がありますよ。

長岡まつり大花火大会は例年多くの人が訪れるため観覧席の確保が重要となります。そこで有料の観覧席の状況がどのようになっているかについての情報も確認していきましょう。

有料席は多人数向けのマス席からカップル、個人向けの席まで色々と準備されています。もちろん三脚を立てて本格的に花火の写真を撮りたい人向けのカメラマン専用席も設けられています。

有料観覧席は打ち上げ会場の信濃川を挟んで左右に設けられています。左岸に当たる川西、長岡インターチェンジ方面と右岸に当たる川東、長岡駅方面に分けて解説していきますね。

有料席には抽選販売のものと先着販売のものがあります。抽選、先着共に5月上旬から受付や販売が始まる予定なのですぐに申し込みをするようにして下さいね。当日については残席の状況によっては販売される可能性はありますが、ほぼ期待しない方が良さそうです。








左岸(川西、長岡IC方面)

  • マス席(定員6名)1マス15,000
  • カメラマン席(定員2名)1マス5,000
  • 堤防上マス席(定員6名)1マス15,000
  • テーブル席(定員1名)4,000
  • イス席(定員1名)3,000

右岸(川東、長岡駅方面)

  • マス席(定員6名)1マス18,000
  • ベンチ席(定員1名)3,000
  • イス席(定員1名)3,000
  • カメラマン席(定員2名)1マス5,000
  • フェニックスエリア席(定員1名)2,000
  • フェニックステーブル席(定員1名)3,000

そして、会場の信濃川にかかる大手大橋と長生箸は車両、歩行者共に19時又は20時から通行止めとなりますので有料席のあるエリアへは早めに移動をするようにして下さい。

なお、花火会場の注意事項としてはチケットを持っていないと入場できませんの必ず個人個人がチケットを持って参加するようにし、すぐに見えるように首から下げるようにして下さい。そして、ペット連れでの入場はできませんの注意して下さいね。もちろん会場内は電子タバコも含み全面禁煙となっています。

又、屋形船から花火大会を楽しめる有料席も長岡まつり屋形船協議会事務局にて取り扱いをしているとのことなので気になる方は問い合わせしてみて下さいね。

有料観覧席のチケット販売の詳しい情報はこちら!








打ち上げ場所はどこ?



長岡まつり大花火大会の打ち上げ場所は日本最長の信濃川にかかる長生橋の下流の河川敷となります。打ち上げ場所から「川の長岡」とも呼ばれ、「山の片貝」、「海の柏崎」と合わせて越後三大花火大会とも呼ばれています。

正三尺玉を間近で見るには長生橋の上流、そして、フェニックス花火は大手大橋下流での鑑賞がお勧めスポットとなります。








時間・打ち上げ本数も!

長岡まつり大花火大会は、毎年二日間合計で約2万発の花火が打ち上げられます。国内外から多くの観光客が集まり、その数なんと100万人とも言われています。

2019年の花火大会のプログラムは、まだ公式サイトでオープンになっていませんが、打ち上げ時間は例年どおりであれば1920分に始まる予定です。

そして、終了予定の2110分までとにかく迫力ある花火が連続します。打ち上げ開始時間と終了時間は基本的に2日間とも同じタイムスケジュールで行われる予定です。

まとめ

長岡まつり大花火大会は、例年81日には前夜祭としての平和祭りが開催され、2日、3日に大花火大会が開催されます。2019年の気になる日程も例年通りで花火大会は82日、3日に開催されます。

例年2日間で100万人が訪れると言われる大人気イベントのためしっかりと花火を楽しむためには有料の観覧席の確保をお勧めします。

グループで楽しむマス席から個人やカップルでのんびり見るための席まで各種色々な有料席が販売されています。もちろん、トコトン花火のベストショットにこだわりたい人向けにはカメラマン専用のエリアも準備されています。

周辺道路や信濃川にかかる二本の橋は花火大会前後は車両も歩行者も全面通行止めとなってしまいますので右岸と左岸の移動はできなくなりますので注意して下さいね。