花火

熱海海上花火大会の場所取りはここ!有料観覧席チケット販売はある?予約方法やお値段も

花火大会熱海

今年も花火と言えば熱海とまで言われる人気の熱海海上花火大会の季節がやってきました。今年こそは熱海海上花火大会を楽しもうと思っている人に知っておきたい情報を取りまとめてみました。

この熱海海上花火大会は毎年大人気のイベントなので場所取りが大変そうに感じますよね。そこで今回は熱海海上花火大会での場所取りのポイントや有料の観覧席があるのかどうか、そして、そのチケット入手方法や値段などの情報を徹底調査してみました。

熱海海上花火大会の場所取りはここ!

熱海海上花火大会は実は例年10回以上開催される熱海の名物といってもいいイベントなのです。開催回数が多いと言う事と、花火打ち上げ時間も約30分ほどということもあり、実は場所取りについては大変というほどの混雑はしないのです。

とは言ってもせっかく花火を見るならベストスポットで見たいですよね。しかし、混雑は少ないという熱海海上花火大会ではあるのですが、流石にベストスポットと呼ばれるエリアは場所取り必須です。

そのような中でも人気スポットと言われるのが、サンビーチと親水公園です。サンビーチは砂浜の上にレジャーシートを敷いて家族みんなで見るにはベストです。そして、親水公園の方は地面が砂ではなくデッキとなっているのでのんびりと見ることが可能です。

そして、それぞれの場所取りの状況ですが、サンビーチはパノラマ的に花火が見られることから人気の割には人がばらける感じがあり、それほど混雑はしないと思います。しかし、周辺の道路はとても混雑し16時を過ぎると車が動かなくなってしまいます。いいところで見ようと思ったら早めについて場所取りをするようにして下さいね。

そして、親水公園の方はどうかというとこちらも同じ状況なのですが、一部区間は場所取り禁止となっていますので注意して下さい。その場所にレジャーシートを広げて確保したと思っていても戻ってきた時には撤去されてしまっていますので気をつけて下さいね。

特別な場所でなくても実はサンビーチ周辺の海岸ならばどこでも花火を見ることができるので気合いれて場所取りをしなくても満足できるのが、ここ熱海海上花火大会のいいところかも知れません。








熱海海上花火大会の有料観覧席チケットはある?

他の大混雑の花火大会と比較すると場所取りの心配がいらない熱海海上花火大会ではありますが、それでも思っている以上に人が詰めかけるのでやはり混雑します。もしも、落ち着いて花火鑑賞をしたいというならお勧めはお金はかかりますが有料の観覧席がいいですよね。

一年を通して行われている熱海海上花火大会ではあるのですが、特に混雑する7月〜9月にかけては有料観覧席が特別に準備されるようですよ。のんびりと花火を見たいという人は利用するようにして下さいね。

料金についても前売り、当日券ともに非常にリーズナブルな価格となっているようです。しかも、エアークッション付きとなっていますので地面に敷いて座れば非常に快適に観覧できるようになっています。

場所については親水公園レインボーデッキ(第2工区)の海側となっていて2,900平方メートルという非常に広大なエリアに定員は1,600名限定となっています。エリア内はフリースペースとなっていますのでお気に入りの場所で花火を見るようにして下さいね。

前売り券を持っている人の入場については1730分からとなっています。当日券で入場する場合にはチケットの販売が1730分からとなっていますので、行くと決めたのならできる限り前売り券を購入しておいた方が良さそうですよ。当日券の販売場所は親水公園イベント広場中央となりますので迷わず行かれるようにして下さいね。








チケットはいくら?予約方法やお値段も

熱海海上花火大会の有料観覧席のチケット料金は非常にリーズナブルで前売り券も当日券もどちらも一人1,000となっています。予約方法についてはコンビニやインターネットからもできますので紹介しておきます。

コンビニ予約

コンビニでの予約は全国のセブンイレブンの店頭にあるセブンチケットにて購入する事が可能です。

セブンチケットからイベントアート祭り・花火大会熱海海上花火大会を選択してマルチコピー機から出力された払込票をレジにて支払いを行えば完了です。

発売期間は61日(土)の10時からとなっています。

インターネット予約

インターネットでの購入についてもセブンチケットサイトで申し込みをしてセブンイレブンの店頭で支払いをすれば完了となります。

発売については開催前々日の2359分までに申し込み前日の2329分までとなります。スマホやパソコン、タブレット端末などから利用することができます。








まとめ

今回は2019年に熱海海上花火大会に行かれる人のために気になる場所取りの情報をお知らせしました。

花火大会と言えば場所取りと言うほど当たり前の事となっていますが、ここ熱海海上花火大会では年間とおして10回以上も花火大会を行われていることからそこまでの混雑は見られないのです。

もちろん落ち着いてゆっくりと花火大会を観覧したいという人のために有料観覧席も準備されています。

料金も一人1,000円と非常にリーズナブルとなっていますので是非利用する事をお勧めします。

チケット入手については前売り券はセブンイレブンの店頭又はネット経由で簡単に入手できますので気になる方はなるべく早めに申し込みをして下さい。2019年は61日から受付開始となっていますよ。

あわせて読みたい
花火大会熱海
熱海海上花火大会へのアクセス方法と駐車場や混雑状況も!熱海海上花火大会の2019年の開催日程が決定しました。例年、春夏秋冬と季節毎に行われる非常に実施回数の多いという特徴のある花火大会なので...
あわせて読みたい
花火大会熱海
熱海海上花火大会2019年の日程と打ち上げ場所はどこ?時間と打ち上げ本数も!熱海海上花火大会は1952年から続いている非常に歴史ある花火大会で、花火大会といえば熱海の代名詞にもなっています。この熱海海上花火大会の...