海水浴場

吉佐美大浜海水浴場2018年海開きはいつ?アクセス情報・車と電車で行く場合

吉佐美大浜海水浴場の海開きとアクセス情報

吉佐美大浜海水浴場は、伊豆下田の別荘地の側にある白い砂浜が770mも続くとても大きなビーチです。

別荘地が近くにあることから外国人の比率が周りの海水浴場と比べると多く、なんとなく外国のビーチに来たような錯覚をしてしまいます。

吉佐美大浜海水浴場は海水浴100選にも選出されていて、周辺には英語表記のカフェがあったりもするので異国情緒の雰囲気を楽しみたい人にはとってもおすすめです。

お世辞抜きにしてリゾート感たっぷりで一度行ったら病みつきになりますよ。

2018年の海開きはいつからいつまで?

吉佐美大浜海水浴場は、異国情緒溢れるビーチだと聞くとそれだけでも行ってみたくなりますよね。そこで、気になる吉佐美大浜海水浴場の海開きはいつからいつまでなのでしょうか。気になる海開き情報を確認してみましたので参考にして下さいね。

吉佐美大浜海水浴場の2018年の海開き開催期間は、7月14日(土)から8月26日までの間となっています。そして、遊泳していい時間は、8時から17時までとなっています。

吉佐美大浜海水浴場は、元々はマイナーな海岸で土日でもそんなに混雑しない静かなビーチだったのですが、ここ最近はCMの撮影で使われたり、テレビで紹介されたこともあり土日やピーク時は非常に混雑する状況となっています。

その為、駐車場や食事をするお店、脱衣所やトイレなども行列が出来てしまうのです。

特に混雑が激しいと予想されている日程は、8月11日(土)と12日(日)となっていますのでその日に行かれる方は、渋滞や行列を覚悟して向かって下さいね。

吉佐美大浜海水浴場の本来の異国情緒の魅力を楽しみたい方は、出来る限り混雑をさける意味も含め平日に訪れたいビーチです。

 

hina_nooo.hさん(@hina_nooo.h)がシェアした投稿

吉佐美大浜海水浴場の基本情報

吉佐美大浜海水浴場を訪れるのに知っておきたいのは、駐車場やトイレ、シャワーなどの設備はどうなっているのかということですよね。

吉佐美大浜海水浴場の設備などの基本情報についてもまとめてみましたので出かける前にチェックしてみてください。

まず、車で行かれる場合に1番気になるのは駐車場ですよね。

実は吉佐美大浜海水浴場は近隣の海水浴場の中でも群を抜く大きさの駐車場を併設しています。

その大きさはなんと500台も止められるスペースを確保しているのです。これなら安心して車で行けそうな感じがしますよね。

とは言っても土日やピーク時にはやはり早い時間に満車になってしまうので到着時間には気をつけて行くようにしてくださいね。

近くには他に駐車場が無いので駐車場が空くまで車の中で過ごす羽目になってしまいますからね。ちなみに駐車場の料金は1日止めて1,500円となっています。

ビーチ内の設備などは、トイレはもちろん更衣室温水シャワーは300円有料ですが、完備されているので安心してください。

その他、海の家ではパラソルサマーベットレンタル食事ができる場所もあります。

ビーチ周辺の道路にはお洒落なカフェなども数店あるので散歩がてらに行くのもお勧めですよ。

ちょっとした買い物に行く場合にも歩いて15分ほどのところにコンビニもあるので日焼け止めなど忘れても手に入れることができますよ。








海水浴場へのアクセスも!

それでは早速異国情緒溢れる吉佐美大浜海水浴場に向かって見ることにしましょう。

アクセス方法は車で行く方法と電車、バスなどの公共交通機関を使う方法になります。

まず、車で行く場合都心からは東名高速道路で厚木インターを経由して小田原厚木道路を通って国道135号線熱海経由で南下する方法がお勧めです。

そして、関西や東海地方から来られる場合には同じく東名高速道路の長泉沼津インター経由、伊豆縦貫道で修善寺経由、国道414号線でのアクセスが便利です。

共に高速道路のインターから2時間から2時間半ほどの時間がかかります。

そして、土日の場合には、そこに大渋滞が重なるので時間は大目に見て行かれるようにしてくださいね。

渋滞を避けて行くには電車での旅もお勧めです。

電車の場合には伊豆急下田駅まで綺麗な景色を眺めながらのんびりと過ごせば東京からも2時間45分程で到着します。

下田駅からはタクシーなら10分ちょっとで到着、バスの場合は3番乗り場から子浦・伊浜・仲木行き、又は4番から石廊崎港口行きに乗って吉佐美バス停で下車します。そこから徒歩10分程で到着しますよ。

所在地:〒415-0028 静岡県下田市吉佐美

まとめ

吉佐美大浜海水浴場のいいところは、日本に居ながら海外のビーチに来たのでは、と錯覚させる異国情緒溢れる雰囲気です。

パラソルの下でサマーベットに寝そべりながら読書をして優雅な時間を過ごしている外国人を見たりすると自分までもなぜか優雅な気分に浸れます。

都会の喧騒を離れリゾート気分を味わうにはとってもお勧めのビーチです。

もちろんマリンスポーツもできる本格的な海水浴場で有ることも間違いないので自分だけの秘密基地にしておきたいビーチですね。