花火

江戸川区花火大会2019への行き方!観覧席の席取りの注意点と露店の情報も

江戸川区花火大会行き方と観覧席の席取りや露店

毎年開催されている、江戸川区花火大会が今年も開催されます。

2019年8月3日(土)の日程で花火が打ち上げられます。江戸川河川敷から14000発の花火が夜空を魅力的にしてくれるでしょう。

今年の花火大会のテーマはスペースアドベンチャー=新惑星を探す旅!なんて、ロマンチックなコンセプトなのでしょうか?楽しみで花火大会が待ち遠しいです。

花火大会の行き方や観覧席の席取りの注意点等の情報を教えようと思います。是非、参考にしてくださいね。

江戸川区花火大会2019への行き方!

 

この投稿をInstagramで見る

 

Japan Nikon  大輔さん(@daisuke_clover)がシェアした投稿

江戸川区花火大会は毎年100万人以上の方がかんら観覧するため、大変な混雑が予想されます。

道路の交通規制もあり、車での移動も大変になってくるのではないでしょうか?

私は、交通機関を利用して会場に行くことをお勧めします。

  • 都営地下鉄篠崎駅から徒歩で約15分
  • 都営地下鉄瑞江駅から徒歩約45分
  • JR小岩駅または京成電鉄京成江戸川駅から徒歩約25分

電車も時間帯により混雑しますので、注意してださい。

つぎに観覧席の席取りの時間や注意点を説明したいと思います。








江戸川区花火大会の観覧席の席取り時間や注意点

毎年、江戸川区花火大会の特徴とし風が強い傾向にあります。風の状況によっては煙により花火がキレイに見えないこともあるので観覧ポイントは非常に重用になってきます。

私はこの花火大会でオススメする観覧ポイントは篠崎公園です。

篠崎公園

133-0054 東京都江戸川区上篠崎1丁目25−1 03-3670-4080

席取りの注意点

篠崎公園は花火会場から一番近く、最後まで花火を堪能することができます。篠崎公園は地元民の中では定番の観覧スポットになりますので、大変混雑します。

場所とりが重要になってきますので、最低でも昼ぐらいからスタンバイすることをお勧めします。毎年、昼にはポツポツと場所とりをしてる人が見受けられますので、自分なりに絶好ポイントを探してみてください。

江戸川区花火大会では、年々早めの場所取りとなっていますが、10人以上の団体で場所を確保したい時は前日には行っておきたいですね。とはいえ、前日までに場所を確保して、安心!というわけにも行きません。前日の17時ころまではガードマンが巡回しています。

誰もいないシートや、場所を確保するためのロープだけでは、撤去されてしまったり、あるいは、他の人に場所をずらされてしまうことも。

なので、5~6人で集まって確保したい時には、当日の午前中にはいってシートを広げ、交代で見張りをしながら場所を確保しておくのが得策です。

もちろん、彼氏と二人だけ、ぐらいの場所であれば、当日の午後からでも多少スペースが確保できますので、人数によって場所取りのタイミングも違ってきますね。

また、場所取りでトラブルも多発しますので譲りあいの精神で花火を楽しみましよう。

とはいえ、真夏の炎天下での場所取り、熱中症にはくれぐれもお気をつけて、タオルは必ず、そして水分補給と日焼け止め・帽子や日傘も持参していると安心かも。

続いては、露店や屋台の情報です。








江戸川区花火大会の露天の情報も

 

この投稿をInstagramで見る

 

joonbug | wanderlustphotos🗺さん(@retroboyastro)がシェアした投稿

江戸川区花火大会は開催場所付近は、屋台等はありません。河川敷は大変な混雑になりますので、屋台どころではないかもしれませんね。

とはいえ、花火と屋台をセットで楽しみにしている私のような人は少し残念な気持ちなりますが、屋台は駅近くの通りに立ち並びますので、屋台の物を買いたいなら目的地につくまでに購入することをオススメします。

暑いので、のどが渇きますね。お茶などのドリンク類は必携です!

コンビニも近くにありますのでコンビニで購入するのもいいと思います。祭りは屋台も楽しみの一つですし、少し高めの値段設定ですが、よしとしましょう。おおいに祭りを楽しみましょう。








まとめ

江戸川区花火大会は、14000発の花火が打ち上げられ都会の夜空を花火で満開にしてくれます。

また、高い建物がないので、打ち上げられる花火はキレイに見れること間違いないと思います。

関東の花火大会ということもあり、花火観覧者は、毎年100万人を越え、混雑しますし観覧者同士のトラブルも起こります。

お互いに譲りあいの精神で花火を見て、ストレスを発散いたしましょう。是非、いってみてくださいね。