花火

勝央町金時花火大会2018年の日程と打ち上げ場所はどこ?時間と打ち上げ本数も!

花火大会2018日程や打上げ場所は?本数も

夏の暑さもひと段落し、稲穂の収穫期を迎える10月、岡山県は勝央町で勝央町金時花火大会が開かれます。

2日間に分けて開かれるこの勝央町金時花火大会では、2日間それぞれに内容が詰め込まれ、行けば必ず楽しめるお祭りになっています。

1日目の夜に花火大会が開かれ、スターマインなど定番の打ち上げ花火が上がります。

実はこの勝央町金時花火大会、多くの人に親しまれる金太郎にあやかったお祭りなんです。昔話にあやかったお祭りなんてなかなか珍しくて気になりますよね。

勝央町は金太郎が没したとされる場所で、金太郎伝説が語り継がれています。この勝央町金時花火大会は昭和57年から金太郎像の除幕を祝った「金時祭」を始まりとする歴史あるイベントです。

今回はそんな勝央町金時花火大会についての情報をお届けしていきます。

花火大会延期のお知らせ

10月6日(土)予定だった花火大会は、台風25号の接近に伴い、
10月7日(日)に順延となりました。

10月7日(日)午後7時30分~開催されます。

花火大会2018年の日程は?

まずは勝央町金時花火大会の開催日程などの情報です。

2018年10月6日(土)10月7日(日)の2日間に分かれて行われ、花火は初日の夜に打ち上げられます。

花火大会はもちろん見どころですが、花火大会だけでなく2日目の芸能イベント、「ふるさと総踊り」、さらには太鼓やバンド演奏などももちろん見応え満点です。

 

View this post on Instagram

 

TomoKoさん(@tomo.05017)がシェアした投稿


お祭りのメイン会場は岡山県勝田郡勝央町勝間田201にある、勝央文化ホール周辺になります。気になる打ち上げ場所は後に詳しくお伝えしますね。

花火を満喫したい方にとって気になるのが観覧席ですが、勝央町金時花火大会では有料観覧席などは設けられていません。

少しでも近くで観たいという方は、打ち上げ場所周辺で花火までの時間を過ごしておくといいかもしれません。








打ち上げ場所はどこ?

さて、調べておくべきはお祭りの会場だけでなく、打ち上げ場所です。

打ち上げ場所はメイン会場となる勝央文化ホールから少し離れますが、勝央町畑屋地内の滝川沿いです。

滝川沿いと言われても地元でないとピンと来ないかもしれません。

新姫線「勝間田駅」の北側に勝央文化ホールがあるのに対し、打ち上げ場所は勝間田駅の南側です。メイン会場からは少し離れてるので、花火が遠目に見えることになります。

少しでも近くで観たい方は勝間田駅の北側にある出雲街道あたりで花火を観るのもおすすめです。

メイン会場ではありませんが、出雲街道にも当日、露店が立ち並ぶのでお祭り気分は十分味わえます。

会場へは新姫線「勝間田駅」から徒歩ですぐですし、車であれば中国自動車道勝央ICからたったの5分でメイン会場に着けます。

アクセスしやすいのもお祭りに行くうえではかなり重要なポイントですよね。








時間・打ち上げ本数も!

最後に、さらに詳しく知っておきたい、花火大会の時間と打ち上げ本数についてお知らせしていきましょう。

勝央町金時花火大会の打ち上げ時間はお祭り1日目である10月6日(土)の19:30〜20:30です。

お祭りの最後に上がる花火といえばだいたい30分ほどで終わってしまうのが多いですが、1時間も花火を楽しむことができます。

打ち上げ数は3,000発を予定されており、のんびりと1時間、秋の夜空に咲く花火を楽しむことができそうです。

スターマインなど定番の花火が上がるのも、夏が終わりを楽しむのに素敵ですよね。








まとめ

勝央町金時花火大会についての情報を今回はお伝えしてきました。

10月にもなると夏の暑さはかなり落ち着き、いよいよ秋本番といったところでしょうか。

秋の澄んだ空気のなかに咲く花火は、夏の夜空で観る花火とはまた一味違った味わいがあります。

ところで、金太郎というのは坂田金時の幼名だったとご存知でしょうか?

勝央町金時花火大会の金時とは金太郎のことを指しています。勝央町のマスコットキャラクター「きんとくん」にちなんだ屋台が並ぶのもこの勝央町金時花火大会ならでは。

花火だけでなく、キャラクターにも注目して屋台も楽しめそうです。

秋の始まりに夏の思い出に思いを馳せて、勝央町金時花火大会を楽しんできてください。

勝央町金時花火大会のアクセス方法や駐車場・混雑状況は?

あわせて読みたい
2018アクセス方法と駐車場や混雑状況
勝央町金時花火大会へのアクセス方法と駐車場や混雑状況も!中国地方で人気ランキング第3位の勝央町金時花火大会。 花火大会といえば夏真っ盛りの7月後半から8月のイメージですが、この勝央町金時...