台風情報

台風3号たまご2021最新進路情報!名前や進路予想/米軍ウェザーニュース情報も

台風3号 進路予想!名前はチョーイワン 米軍や 気象庁の最新情報

台風2号が4月25日に最低気圧に変わりましたね。

次に台風が発生したら3号になりますが、その台風3号のアメリカ合同台風警報センター(JTWC)の新情報や 気象庁の発表今後の台風の影響について調べてみました。

台風4号たまご発生?最新情報はこちら>>

台風3号の最新情報はこちら>>

台風3号2021の名前は?

台風2号 は「スリゲ」という、北朝鮮が用意した名前でした。「鷲(ワシ)の名前」という意味だったんですね。

台風3号はどんな名前になるのでしょうか。

次に発生する台風3号の名前はChoi-wan(チョーイワン)という名前になります。

この名前は 香港が用意した名前で 彩雲」という意味です。 彩雲とは「朝日や夕日で美しく彩られた雲」という意味なんですね!美しい表現ですね。

台風の名前は 台風 委員会と言って、日本を含む14カ国が加盟している加盟国が、それぞれ提案した名前を順番に使用しています。 その数 140個。

特に大きな災害をもたらした台風などがあると、加盟国からの要請によってその名前を今後の台風では使用しないように、別の名前に変更する場合もあります。

台風3号2021のたまご発生はいつ?米軍の最新情報

2021年の台風3号たまごの最新情報を更新しています。

最新情報が一番上で、下に行くほど古い情報になります。

▼▼台風3号の最新情報はこちら▼▼

台風3号2021米軍最新進路予想とヨーロッパ中期予報センターの情報も

台風3号たまご2021(5月23日現在)JTWC米軍進路情報

またまた、台風のたまごになる可能性のある熱帯低気圧が発生しています。

台風3号2021たまご発生なるか?JTWC米軍の最新進路情報ヨーロッパ

引用:JTWC Tropical Warnings

93Bと赤丸で示されているのが、非常に発達してきている熱帯低気圧です。

台風3号たまご2021の最新進路

進路は、このまま進むと大陸に上陸して、勢力を弱めていきそうですね。

太平洋上ではいくつかの雲は見られますが、今のところ台風になるようなうずの塊は太平洋上では発見されていません。

台風3号たまご2021(5月17日現在)の米軍の進路情報

2021年5月17日現在の米軍の最新情報です。

インド洋に台風になっている赤の矢印(TC01A”TAUKTAE”)と、黄色で表示された台風のたまご(90S)が表れていますね。

台風3号たまご2021(5月17日)

引用:JTWC Tropical Warnings

太平洋上には今のところ、台風の3号のたまごと思われるおうな熱帯低気圧や雲のかたまりの渦は見ることが出来ません。

インド洋にある赤の矢印(TC01A”TAUKTAE”)と、黄色で表示された台風のたまご(90S)を見てみましょう。

台風3号のたまご2021進路情報

赤の矢印(TC01A”TAUKTAE”)の進路は、上の図のように、インド洋から大陸側に北上して、ニューデリーに向けて進んでいます。

日本に向けてくる様子はなさそうです。

黄色で表示された台風のたまご(90S)は進路がまだ定まっていませんが、インド洋を超えて太平洋に進んでくると、台風3号のたまごになる可能性があるかもしれません。

台風3号たまご2021(4月29日現在)の情報

 米軍の最新情報を見てみましょう。

米軍発表の4月29日現在の最新情報です↓↓

引用:米軍合同台風警報センター(JTWC)

米軍の最新情報でも新しい台風3号のたまごもまだ発生していないようです。

日本列島の上空に厚い雲がすぽりと列島を覆うように真っ白になっていますが、台風を感じさせるような雲の渦は太平洋にも大西洋にもまだ見ることが出来ません。

海上にある雲のどれかが、いずれは熱帯低気圧になって、台風に変わっていくのでしょうか。

今後も見ていこうと思います。

気象庁やウェザーニュースの最新情報も

気象庁の台風最新情報(5月17日)

台風3号たまご2021気象庁の最新情報5月17日

気象庁の情報でも、日本近海に台風は発生していません。

台風情報2021日本の梅雨前線に伴う雨の状況

日本列島の上に梅雨前線が発達していて、南側から次々と梅雨入りしています。

各地で警戒レベル2や警戒レベル3の集中豪雨が見受けられるので、台風情報だけでなく、雨の情報も注意が必要ですね。

豪雨の地域では、土砂災害や河川の氾濫なども懸念されるので、畑を見に行ったり、川の近くに立ち寄ったりすると危険です。くれぐれも気を付けてくださいね。

ウェザーニュースの情報(4月29日)

台風3号2021の発生はいつ?名前や進路・米軍の最新情報とウェザーニュース

バイオウェザーサービスより

天気図を見ても、日本の近海には台風は発生していないようですね。

日本列島はすっぽりと雨の雲に覆われていましたが、これは雨を降らせる梅雨前線が日本列島を北から南まですっかり覆っているからだったんですね。

天気図を見ても分かるように、大陸側から北側には1000hPaの低気圧が、北海道に向けて前線を押し上げつつ、その少しだけ南側には998hPaの低気圧が、朝鮮半島から九州に向けて張り出してきているのがよく分かりますね。

日本列島の南側、台湾付近には大陸から高気圧が張り出しているので、これが少しずつ北上してくると、梅雨明けに近づいてくるのかもしれません。

まだ5月も始まったばかりで、梅雨入りには少し早い気もしますね。

今後、台風の動向も含めて天気も気を付けていきたいところです。

まとめ

台風2号が4月25日に温帯低気圧に変わりました。

台風3号の発生は今のところ見ることが出来ませんが、これから夏に向けての台風シーズン。

天気や台風に気を付けて、今後も、台風の動向を見守っていきたいと思います。