台風情報

台風3号/4号2020発生で東京や日本への影響は?米軍や気象庁の進路予想や天気図も

台風3号2020発生日本の影響米軍や気象庁の進路

台風3号発生か?と言われていた7月でしたが、何事もなく過ぎ去りました。

台風3号が発生したといわれる8月1日。この台風は一体どういう動きをして、日本への影響はどうなのか、気になるところですね

米軍の発表している天気図と、気象庁の予想やウェザーニュースなどから今後の台風の状況を紐解いていきたいと思います。

台風3号/4号2020発生!米軍や気象庁の進路予想

では、早速ですが米軍の発表している最新の台風の状況から見ていきましょう。

台風3号2020熱帯低気圧の米軍最新情報

今回発生している台風3号(熱帯低気圧)はこの図で赤い矢印で示されている「TD03W」というのがそれだと思ったのですが、実は、台風3号は「91W」と赤丸で示されている方です。

台風の名前は「シンラコウ(sinlaku)」といい、伝説上の女神の名前から由来しているそうです。

大陸に上陸する台風3号は3日の午後3時(15時)頃には台風から熱帯低気圧に変わる見込みです。

ということは、この図で赤い矢印で示されている「TD03W」というのは、台風4号になりますね。

この図で赤い矢印で示されているということは、すでに「Tropical Cyclon」つまり、熱帯低気圧になっているということです。

そして、17時の天気予報で、台風4号が発生したことが明らかになりました。

あわせて読みたい
台風4号2020最新の米軍情報日本への影響は
台風4号2020たまご発生!日本への影響は?米軍の最新情報と気象庁のウエザーニュース予想も台風3号に続き台風4号の発生か?と言われています。台風4号のたまご発生です。このまま発達しながら北上すると、日本への影響があるのでしょうか。米軍の最新進路予想と気象庁やウェザーニュースの情報をもとに沖縄や宮古島、九州や本州にも影響があるのか調べてみました。今後も見逃せませんね...

 








台風3号2020の東京や日本への影響を天気図から見てみる

南シナ海で発生した熱帯低気圧は8月1日午後3時にトンキン湾で台風3号になりました。

気象庁の発表した13時05分の情報によると、中心の位置は、北緯18度20分(18.3度)東経 110度30分(110.5度)、進行方向は北西で、早さは15km/h(7kt)。

中心の気圧は996hPa(パスカル)そして、最大風速は15m/s(30kt)・最大瞬間風速は23m/s(45kt)と、かなり発達した熱帯低気圧のようです。

台風3号米軍の進路予想情報

http://米軍の進路予想情報

こちらが、台風3号の進路図です。

進路から見ても、日本への影響はなさそうですね。

台風3号の雲の様子ウェザーニュース

バイオウェザーニュースより

雲の様子を見てみましょう。

左側に大きく渦を巻いているのが台風3号で、右側に小さく渦を巻いているのが台風4号です。

雲の状況を見ても分かりますが、台風4号の方が日本列島・沖縄に近いですね。








まとめ

台風3号が発生しました。

7月は例年になく台風の発生がゼロでしたが、8月に入っていきなり、台風3号・台風4号と立て続けに発生しています。

台風3号の名前は台風の名前は「シンラコウ(sinlaku)」といい、女神の名前から由来。ミクロネシアが提案した名称で、コスラエ島の伝説上の女神だそうです。美しいですね。

トンキン湾で台風になった台風3号は、日本への影響はなさそうですが、なんと、南シナ海で発生して、台湾の東にある熱帯低気圧は、台風4号になりました。