紅葉スポット

比叡山の紅葉2018のライトアップの時間帯やドライブウェイの料金・クーポン情報も!

紅葉の名所として非常に名高い比叡山では、ライトアップも行われ、昼間の紅葉とは又違ったとっても幻想的な雰囲気を楽しむことが可能なのです。

ライトアップの開催場所坂本エリアである日吉参道西教寺滋賀院門跡旧竹林院などで行われます。

比叡山では例年11月上旬から紅葉が色付きはじめ11月下旬には最高の見頃を迎えます。

標高が高いので一足早くに秋を感じたい人にお勧めのスポットです。そこでのライトアップ情報などをまとめましたので、ぜひ、ご参考下さい。

比叡山の紅葉2018のライトアップの時間帯

 


比叡山延暦寺は滋賀県と京都府にちょうどまたがるような場所にあり、標高は848mと比較的標高の高いところにあります。

よって京都などの平地での紅葉に比べて早い時期に色付き、一足早い秋を感じることができるスポットなのです。

比叡山という山そのものが、お寺のエリアになっていて、その中にある約2,000本ものモミジが紅葉するのです。

紅葉の見ごろの時期は11月上旬からとなっていて、その中でライトアップされるスポットとして有名なのは日吉大社のある日吉参道です。

 

ゆうすけさん(@yuusuke0623)がシェアした投稿

日吉大社は2,000年以上もの歴史を持つ日吉神社、日枝神社、山王神社総本山と言われています。
日吉参道は別名もみじロードとも呼ばれ、その光景はもみじのトンネルのようで圧巻です。そして、夜になるとライトアップされ、幻想的で、そしてロマンチックな演出になるです。ライトアップは17時30分から21時までとなっているのでその時間を外さないようにして下さいね。

そして、比叡山ドライブウェイ夢見が丘でも比叡山もみじ祭りの期間中はライトアップされます。

特に夢見が丘の展望台から見る景色は、ライトアップされた紅葉と大津の街並みや琵琶湖の夜景が一望でき感動すると思いますよ。
こちらのライトアップについても日没から21時ごろまでとなっています。

その他、この時期には紅楓会とよばれるイベントも行われ、紅葉の苗木やオリジナルグッズなどを抽選でプレゼントしてくるので是非参加してみて下さいね。
ちなみにイベント会場は横川バス停の駐車場で行われていますよ。








比叡山の紅葉時期のドライブウェイの情報!

比叡山の紅葉の1番のスポットは実はドライブウェイなのですが、そのドライブウェイの情報について見ていきましょう。

比叡山ドライブウェイ大津市の田の谷峠から延暦寺東塔・比叡山山頂を結ぶ約8キロちょとの有料道路です。
比叡山の山腹を走り途中大津市や琵琶湖を一望できる夢見が丘、星野リゾートロテルド比叡、ガーデンミュージアム比叡、そして、延暦寺といった様々なスポットを通るのです。

夢見が丘では雄大な景色も楽しめますが、サイクルモノレールスーパースライダーと言った子供が喜ぶ施設も整っています。

又、この贅沢な景色を見ながらバーベキュなどもできるようになっているので是非立ち寄る事をお勧めしますよ。

そのドライブウェイの通行には通行料がかかるのですが、ルートによって金額が違うので詳しく見ていきましょう。

夢見が丘又はホテル前検札所から田の谷峠料金所までは往復で840円。

延暦寺(東塔)又は比叡山山頂から田の谷峠料金所までの往復は1,670円

そして、延暦寺(西塔・横川)峰道レストランから田の谷峠料金所までの往復が3,210円となっています。

又、延暦寺(東塔・西塔・横川)から仰木料金所までの縦走は2,380円。
延暦寺(西塔・横川)から延暦寺(東塔)経由仰木料金所まで縦走すると3,920円が必要となります。

こうしてみるとドライブウェイは結構高額な料金なのですが、よく探してみると割引クーポンも見つかるので利用して下さいね。

奥比叡ドライブウェイのホームページでも割引クーポン券がネットからプリントできるので必ずチェックして下さい。

ちなみに田の谷から仰木までの縦走料金が通常2,380円のところ2,000円で利用できるようになっていますよ。
その他のルートでもよく見ると1,000円引きになるルートもあったりと各種割引料金となるので利用しないと絶対に損ですよ。

その他、お得な割引としてJAF会員の割引も適用となりますのでJAF会員の方は必ず会員証を忘れず持って行くようにして下さいね。








まとめ

比叡山に行くなら昼間だけの紅葉ではもったいなく、ライトアップされた景色を是非堪能してくださいね。

坂本エリアを中心に開催されるライトアップイベントは、幻想的な景色を演出してくれ、とても感銘を受けるはずです。
又、夢見が丘から見るライトアップされた紅葉と大津の街並みと琵琶湖の夜景は必ず見てほしい景色の一つですよ。

そして、比叡山に車で行くと必ず通るのがドライブウェイなのですが、利用料金が2,000円から3,000円かかり高額なのですが、それだけの料金を払ってもお釣りが来る景色が観れるので心配しないで下さいね。

そして、実は奥比叡ドライブウェイのホームページでは、料金がお得になる割引クーポンを配布しているので必ずチェックして下さいね。

あわせて読みたい
比叡山の紅葉2018見ごろやアクセス情報
比叡山の紅葉2018の見ごろ時期は?電車や車のアクセスや渋滞情報も比叡山は京都と滋賀の県境にある歴史的に有名な最澄が開いた天台宗の総本山です。 ユネスコの世界文化遺産でもあり山全体が寺域となってい...