紅葉スポット

那谷寺の紅葉2018のライトアップの時間帯やおすすめスポット情報も!

那谷寺のライトアップの時間帯とおすすめスポット

那谷寺は、松尾芭蕉の奥の細道で「石山の石より白し秋の風」と歌われた事でも有名で、日本でも紅葉の名所100選にも選出され、地元石川県においても三大紅葉スポットのひとつとされている人気のエリアなのです。

那谷寺では、例年紅葉の見ごろ時期に合わせてライトアップも行われるので、その情報についてお伝えしていきますね。

そして、広い境内の中には、奇岩や洞窟、霊石など絶対に見ておいた方がいい場所もたくさんあります。そこで那谷寺のお勧めスポットの情報も集めて見ましたので参考にして下さいね。

那谷寺の紅葉2018のライトアップの時間帯

昨年2017年は、開創1,300年の節目で創一千三百年大祭が行われ那谷寺は、大々的にライトアップイベントが行われました。

そして、例年この那谷寺では、「秋の夜灯り」という紅葉まつりが開催されますので2018年も那谷寺の国指定名勝や重要文化財と紅葉のライトアップイベントが楽しめる予定ですよ。

開催日程は例年通りであれば、10月最後の土日と11月上旬の土日に開催されます。そしてライトアップされる時間は18時から21時30分までとなっています。

ライトアップが始まる18時前後はどうしても駐車場が混雑しますのでライトアップイベント開始1時間前には現地に到着している事をお勧めします。

そして、昼間のライトアップイベントの受付は、昼間の受付とは別になっているので18時前だとライトアップされた閉じた門というシーンにも出会えます。中にはこの瞬間を撮影したくて来ている人たちもいるようですよ。

なお、受付は21時までとなっていますので時間に遅れないように気をつけて下さいね。又、入場料が大人500円、小学生は300円となっていますのでご用意下さい。

もちろん那谷寺の見どころスポットである奇岩遊仙境もライトアップされ、白い岩と真っ赤に染まった紅葉が夜空に浮かび上がります。その幻想的な景色はここでしか見れない感動ですよ。

しかし、昼間は登る事も楽しめるのですが、夜間は奇岩遊仙境には入れないようになっていますので外からの眺めだけとなります。

又、本殿である大悲閣拝殿、唐門あたりや参道などでもライトアップが行われ、至る所で幻想的な景色が楽しめますよ。

なお、那谷寺は非常に多くの坂道があるのですが、夜間は安全確保のためもあって坂の登り降りはできないようになっています。

坂の上のライトアップスポットなどは、坂の下から鑑賞するようになります。

よって、那谷寺のライトアップイベントは、実は昼間紅葉を鑑賞するよりも短時間で周れてしまうということも言えるのです。

又、近くに兼六園などの有名観光スポットもあるので比較的ゆったりとライトアップされた紅葉を見ることができるのも那谷寺のいいところなのですよ。

少し遅い時間になれば人もそれほど多くない場所なので恋人とのデートスポットとしてもお勧めな場所なのです。








那谷寺の紅葉時期のおすすめのスポット情報も!

那谷寺の境内は非常に広く見どころスポットがたくさんあります。そこで、ここだけは見逃して欲しくないお勧めのスポット情報を集めて見ましたので行かれる時の参考にして下さいね。

まずは、なんといっても松尾芭蕉の俳句の題材となった白い奇岩遊仙境です。そそり立つ白い奇岩と真っ赤に色付いた紅葉のコントラストは何とも言えない景観です。

いくつもの洞窟が口を開けている姿は、まさに観音浄土浮陀落山のようであると言われているのも頷けますよ。中腹には稲荷社の赤い鳥居もあり絶景ポイントとなっています。

そして、もうひとつのお勧めスポットは岩窟の中に作られている本殿です。手前にある唐門、拝殿と合わせて本殿と総称として呼ばれていますが、この重要文化財と色付く紅葉の眺めも、絶対に見逃せないスポットですよ。

この時に忘れてはいけないのが、洞窟の中も必ず見て下さいね。洞窟内には、御本尊である十一面千手観世音菩薩様が安置されています。この洞窟は、「いわや胎内くぐり」と言われ、その中を通る事で穢れが洗い流されて魂が新たに清らかに生まれ変わる輪廻転が体験できると言われています。

そして、その他見逃せない紅葉スポットとしては、三重塔もお勧めしておきます。この三重塔は前田利常が建立したと言われている建造物で扇垂木の工法によって作られています。やはり重要文化財として指定されているものなので必ず見るようにして下さいね。

鐘楼も袴腰までが石造りとなっている珍しい建造物で紅葉とのコラボレーションが美しいスポットです。又、庭園琉美園は、名勝としても名高い場所で水面に映る紅葉はため息が出るほど美しい場所ですよ。








まとめ

建立から2017年で1,300年もの歴史を持つ由緒ある那谷寺なのですが、例年紅葉の見ごろ時期には名勝や重要文化財と紅葉のコラボレーションがライトアップされます。

非常に幻想的で美しい姿を浮かび上がらせ昼間の那谷寺とは、また違った景色が望めます。

那谷寺の最大の紅葉スポットである奇岩遊仙境でもライトアップは行われ、昼間の姿とは全く違う幻想的な景観を浮かび上がらせます。

そして、那谷寺には、それ以外にも多数の紅葉スポットが存在し、本堂を始めとして唐門や拝殿、そして三重塔や鐘楼などといった、いずれも重要文化財と紅葉のコラボレーションが楽します。