お花見

国営昭和記念公園の桜2019のライトアップはある?時間帯や期間と混雑状況も

国営昭和記念公園2019の桜ライトアップのついての情報です

国営昭和記念公園は、東京都立川市と昭島市に位置する都内でも人気のお花見スポットで、コチラの公園の敷地面積は、東京ドームの39個分という広さです。桜の名所として知られる公園内には、約30品種・1500本の桜の木が植えられています。

春のあたたかい季節になると、桜・菜の花・チューリップ・シャレーポピーも一緒に観賞でき、菜の花が一面に咲いている場所にも桜が咲いているので今流行のインスタ映えスポットにもなりますよ♪

桜の園ではソメイヨシノが中心で、公園内にある残堀川沿いには早咲きのカワヅザクラや遅咲きのサトザクラなどが次々と咲いていきます。

国営昭和記念公園のお花見で桜のライトアップはある?

昭和記念公園では、桜の見頃に合わせてライトアップが行われています☆

満開時の4日間限定の夜桜観賞会では、残堀川沿いの両岸に咲いている満開の桜が下からライトアップされ、昼間に見る桜とはまた一味違う桜の姿を楽しめます!!

残堀川沿いの桜は、手前のほうに小さめの濃いピンク色の桜が咲き、それを覆う様に白っぽい大きな桜が咲いているので、ライトアップされた桜は存在感がありとても幻想的で綺麗です。

【ふれあい橋からの夜桜】

 

View this post on Instagram

 

@moti.koroがシェアした投稿

【ふれあい橋からの昼間の桜】

 

View this post on Instagram

 

Momoe Maseさん(@momoaspeach)がシェアした投稿








時間帯や期間は?

ではでは、気になるライトアップの情報です☆

コチラの公園では、夜間のレジャーシートなどを敷いてのお花見は残念ながら出来ません。日中でしたら【みんなの原っぱ】という場所で桜の真下でのお花見が出来ます♪

期間中は、ふれあい橋~さくら橋の約200mの区間でのライトアップされた幻想的な夜桜をたのしめます!!

☆桜のライトアップ時間帯・場所

  • 時間 : 17:00~20:00
  • 期間 : 満開時の4日間限定
  • 場所 : ふれあい橋下~さくら橋手前(旧桜の園)

※旧桜の園は名前が変わっており、現在は【ふれあい橋~さくら橋】になっていますので、ご注意ください。

ライトアップ期間は4日間限定と短いですが、この期間に行けたら満開の綺麗な夜桜が堪能できますので是非行ってみてください☆








混雑状況も!

昭和記念公園は24時間ずっと開放していない公園になります。夜桜のライトアップが4日間限定なのも閉園時間があり、閉園するのが早いからみたいです。

開園時間と閉園時間はコチラ

☆通常時の開園時間・閉園時間

  • 平日   9:30~17:00
  • 土日祝  9:30~18:00

☆4日間限定の閉園時間

  •  9:30~20:00

お花見ピーク時には、朝の9時前後から開園待ちの花見客が券売所の前で列を作って待っているそうです。

【みんなの原っぱ】での混雑ピークはおそらく、午前中~お昼過ぎと15時頃が最も人が多く混雑が予想されます。レジャーシートを広げないで、公園内を散策しながらのお花見でしたら1日中どの時間帯でも、ゆっくり桜を見て回れそうです♪

 

この投稿をInstagramで見る

 

kobanko/gyarakoba 本垢兼D垢さん(@634rjty23_39rj32ty80km)がシェアした投稿








まとめ

ということで、今回は【国営昭和記念公園】の夜桜ライトアップについての情報でした♪

コチラの公園では、昼間の時間帯でしたらお花見をしながらのバーベキューも出来るみたいなので、ご家族や友人達でのお花見をする時にはオススメです!!そして魅力的なのは、バーベキューセットを持参しないで手ぶらで出来ちゃうところですね♪ここで注意して頂きたいのは、必ず事前予約が必要になるので気をつけてください。

満開の桜の中でのバーベキューも、きっと格別だと思います。